Art-Precis

一覧へもどる

神坂雪佳(かみさかせっか)

四季草花図(春・夏)

大正後期  京都 細見美術館蔵

右幅(春・夏)に福寿草、菫、桜草、姫百合、燕子花、立葵を、左幅(秋・冬)に萩、桔梗、葉鶏頭、紫苑、石蕗、藪柑子を描く。
琳派の四季草花図に登場する典型的な植物がほとんどであるが、鮮やかな朱や桃色、群青の用い方などは雪佳独自の色彩感覚である。

神坂雪佳(1866〜1942)

京都御所警護の武士、神坂吉重の長男で、名は吉隆。明治14年(1881)、16歳で四条派の鈴木瑞彦に習い、明治23年(1890)、岸光景に琳派や図案の手解きを受ける。明治34年(1901)約半年にわたる訪欧のあと、漆器、陶器、染色品をはじめとする工芸品に精力的に意匠図案を考案し、博覧会などで優秀な成績を修める。 昭和13年(1938)嵯峨野に隠棲、同17年(1942)1月4日没した。享年77歳。琳派の伝統を踏まえながら、大胆で新しい装飾美を追求した雪佳の作品は、海外へ流出される事も多かった。近年その高いデザイン性が日本でも再評価され、「近代琳派」として注目されている。平成15年(2003)から翌年にかけ、日米計4会場において大規模な回顧展が開かれ、内外から更なる関心を集めている。

H031 神坂雪佳 / 四季草花図(春・夏)

型番サイズ寸法(cm)販売価格(税抜)
L-H031LH117.0×W40.0×D4.0250,000円
M-H031MH100.0×W35.0×D4.0200,000円
S-H031SH89.0×W31.0×D4.0150,000円
SS-H031SSH50.0×W18.0×D3.346,000円

仕様: 額装(木製黒額縁、ビロードマット)
認定書・差込式段ボール付(黄袋入)