Art-Precis

一覧へもどる

酒井抱一(さかいほういつ)

白蓮図(はくれんず)

江戸時代後期  京都 細見美術館蔵

水墨の濃淡や滲みを生かした大きな葉を画面の上下に配し、真っ白な花を印象的に浮かび上がらせた作品。出家後、根岸の雨華庵で風流三昧の隠遁生活を送った抱一だが、この庵は唯信寺とも称し、朝夕の仏事も行われていたという。江戸琳派に仏画や描表装が多いのも雨華庵が代々、寺として機能していたことによると考えられる。光悦の、本阿弥光甫に蓮を描く彩色の作例があるが、抱一は光甫を念頭に置きつつも、蓮の瑞々しさの表現に筆を尽し、崇高な仏画を思わせる作品に昇華させた。

酒井抱一(1761〜1829)

姫路藩主酒井忠以(宗雅)の実弟として江戸神田に生まれる。本名忠因。37歳のとき武家の生活を嫌って出家し、以後、書画、俳諧に風流三昧の生涯を送った。絵は初め狩野派に学び、次いで沈南蘋の写生画、さらには歌川豊春風の浮世絵、土佐派、円山派など当時の諸派を遍歴したが、やがて寛政年間に至って尾形光琳の作品に出会い、これに私淑して自らを琳派の系譜の末につなげる事を自覚した。その画風は、宗達、光琳から受け継いだ最も日本的な装飾性の中に、文化文政期の江戸の粋人らしい繊細な感覚と鋭敏な情感を織りまぜ、詩情豊かな画面をつくりあげている。

H006 酒井抱一 / 白蓮図

型番サイズ寸法(cm)販売価格(税抜)
L-H006LH117.0×W54.0×D4.0250,000円
M-H006MH100.0×W47.0×D4.0200,000円
S-H006SH89.0×W42.0×D4.0150,000円
SS-H006SSH50.0×W25.0×D3.346,000円

仕様: 額装(木製黒額縁、ビロードマット)
認定書・差込式段ボール付(黄袋入)