Art-Precis

一覧へもどる

酒井抱一(さかいほういつ)

桜に小禽図(さくらにしょうきんず)

絹本著色 江戸時代後期 京都 細見美術館

花曇りの情趣に満ちた本図は抱一最晩年の名作としてよく知られる。月次の花鳥を描く十二図の内の一図で、抱一と親交の篤い漢学者亀田鵬斎の子、綾瀬が漢詩を賛に寄せている。余白に意義を見出す抱一らしい構成で、垂直な幹から枝がS字状に下降している。その細枝に止まる青い大瑠璃が、薄紅の桜に映えて一層鮮やかである。

酒井抱一(1761〜1829)

姫路藩主酒井忠以(宗雅)の実弟として江戸神田に生まれる。本名忠因。37歳のとき武家の生活を嫌って出家し、以後、書画、俳諧に風流三昧の生涯を送った。絵は初め狩野派に学び、次いで沈南蘋の写生画、さらには歌川豊春風の浮世絵、土佐派、円山派など当時の諸派を遍歴したが、やがて寛政年間に至って尾形光琳の作品に出会い、これに私淑して自らを琳派の系譜の末につなげる事を自覚した。その画風は、宗達、光琳から受け継いだ最も日本的な装飾性の中に、文化文政期の江戸の粋人らしい繊細な感覚と鋭敏な情感を織りまぜ、詩情豊かな画面をつくりあげている。

H005 酒井抱一 / 桜に小禽図

型番サイズ寸法(cm)販売価格(税抜)
L-H005LH117.0×W54.0×D4.0250,000円
M-H005MH100.0×W47.0×D4.0200,000円
S-H005SH89.0×W42.0×D4.0150,000円
SS-H005SSH50.0×W25.0×D3.346,000円

仕様: 額装(木製黒額縁、ビロードマット)
認定書・差込式段ボール付(黄袋入)