Art-Precis

一覧へもどる

鈴木其一(すずききいつ)

藤花図(とうかず)

江戸時代後期  京都 細見美術館蔵

香り高く気品に満ちた小さな花を連ねる藤は、古来貴人や優美な女性になぞらえて愛でられてきた。本図は江戸初期の琳派画家のひとり、本阿弥光甫の作品に構想を借りたものであるが、其一は先例の堅苦しい印象を拭って、夥しい花の連なりを軽快に表している。まっすぐに房を垂れる三本の藤に対し、細い蔦がゆるやかに曲線を描く構図も江戸琳派らしい特徴である。鈴木其一(1796〜1858)は、抱一の内弟子として早くから師の作風を学ぶ一方、その没後は優れた個性を発揮して抜きん出た存在となった。本図の明快な色彩感覚、モチーフの形の面白さを追求する構成には、其一の優れた手腕が存分に発揮されている。

鈴木其一(1796〜1858)

江戸中橋に生まれる。父は近江出身で山本氏と伝え、藍染めを営んでいたという。名は元長、字は子淵。必庵、庭柑子、噲々、元長、為三堂、鋤雲、祝琳斎などと号す。俳号鶯巣、通称為三郎。文化10年(1813)より抱一の内弟子であったが、酒井家の家臣鈴木蠣潭の没後、その姉りよと結婚し鈴木家を継いだ。
下谷金杉の雨華庵の西隣、石川屋敷に居住し、酒井家より用人格で150人扶持を得、晩年は医師格として180人扶持となった。天保3年(1833)姫路へ旅行しており、「癸巳西遊日記」にその様子が描かれている。なお、次女お清は河鍋暁斎へ嫁いでいる。安政5年(1858)9月10日、63歳で没、死因はコレラとも伝えられ、浅草正法寺に葬られる。其一ははじめ、師抱一の画風を素直に継承するが、次第に明快な彩色や構図による独自の様式を確立した。弟子も多く、実質的な抱一の後継者である。

H004 鈴木其一 / 藤花図

型番サイズ寸法(cm)販売価格(税抜)
L-H004LH117.0×W54.0×D4.0250,000円
M-H004MH100.0×W47.0×D4.0200,000円
S-H004SH89.0×W42.0×D4.0150,000円
SS-H004SSH50.0×W25.0×D3.346,000円

仕様: 額装(木製黒額縁、ビロードマット)
認定書・差込式段ボール付(黄袋入)