Art-Precis

一覧へもどる

伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)

糸瓜群虫図(へちまぐんちゅうず)

江戸時代中期  京都 細見美術館蔵

糸瓜に様々な虫が戯れるこの作品は、中国の伝統的な草虫画や蔬菜図に拠っている。しかし極端に長い糸瓜の実や、葉や実にみられる虫食いのあとなど、若冲独特の形状へのこだわりが細部にまで浸透している。博物学に親しみ、自らも虫の写生帖を描いた伊勢長島藩主、増山雪斎の愛憎品であった点も興味深い。

伊藤若冲 (1716〜1800)

正徳6年(1716年)、京都・錦小路の青物問屋「枡源」の跡取り息子として生まれる。23歳のとき、父・源左衛門の死去に伴い、4代目枡屋(伊藤)源左衛門を襲名する。「若冲」の号は、禅の師であった、相国寺の禅僧・大典顕常から与えられた居士号である(「居士」は、在家の仏教信者のこと)。大典の書き遺した記録(「藤景和画記」)によると、若冲という人物は、絵を描くこと以外、世間の雑事には全く興味を示さなかったという。商売には熱心でなく、酒もたしなまず、生涯、妻もめとらなかった。40歳の宝暦5年(1755年)には、家督をすぐ下の弟に譲ってはやばやと隠居し(当時、40歳は「初老」であった)、念願の作画三昧の日々に入った。以後、85歳の長寿を全うするまでに多くの名作を残している。中国絵画の影響を強く受け、身近な花鳥などを主題に奇想ともいえる超現実的な作品を得意とした。

H002 伊藤若冲 / 糸瓜群虫図

型番サイズ寸法(cm)販売価格(税抜)
L-H002LH117.0×W54.0×D4.0250,000円
M-H002MH100.0×W47.0×D4.0200,000円
S-H002SH89.0×W42.0×D4.0150,000円
SS-H002SSH50.0×W25.0×D3.346,000円

仕様: 額装(木製黒額縁、ビロードマット)
認定書・差込式段ボール付(黄袋入)